リサイクルトナーの印刷が薄い理由と綺麗に仕上げる工夫

印刷用のトナーは消費量が多い一方で販売単価が高額なことからコストが嵩む欠点があります。

そのため、出費を低く抑える効果があるリサイクルトナーの需要が増加していますが、その一方で正規品と比較すると印刷が薄くなってしまうのが問題です。

リサイクルトナーの印刷が薄くなってしまう原因を理解し、綺麗な印刷に仕上げるための工夫を学びましょう。

リサイクルトナーの需要が増大している理由

コピー機やプリンターなどの印刷機器は近年ではオフィス以外に家庭用の製品も広く普及しています。機器そのものは低価格化が進んでいるので、安価な製品を購入することが可能です。その一方で印刷に不可欠なトナーは販売価格の変動が少なく、正規品は高額な製品が多数を占めています。

トナーは印刷の頻度が高いと消費量も多くなるので頻繁に交換する必要がありますが、高額な正規品は金銭の負担が大きくなるのが欠点です。そのため、安価で購入出来るリサイクルトナーの需要が用途に関係無く増加しています。

印刷機器のトナーはメーカーごとにカートリッジの形状が異なるので、基本的には同じメーカーの製品を組み合わせないと使用出来ません。リサイクルトナーは複数のメーカーに対応出来る形状になっているのも広く普及している理由の一つです。

カートリッジの容積がほぼ同等であっても正規品と比較してトナーの量が多い製品もあるので、コスト削減を図ることが可能になっています。

トナーの品質と印刷の仕上がりの関係

コピー機やプリンターによる印刷はトナーの品質が仕上がりの良し悪しを左右します。特にフルカラー印刷は基本色になる複数のトナーを組み合わせることから、トナーごとの品質の差がそのまま仕上がりに影響するので注意が必要です。

一般的にリサイクルトナーによる印刷は正規品のトナーを使った印刷と比べて仕上がりが薄い状態になるとされています。リサイクルトナーは使用済みの正規品トナーのカートリッジに残っているトナーを集めて作っているので、品質に差があるトナーが混入しているのが普通です。

また、製品によっては類似した異なる色を混ぜている物もあるため、色ムラを防ぐための薬剤が添加されている場合があります。そのため、同じ色表示でも不純物が無い正規品トナーと比べ、色合いが薄く仕上がってしまうのがリサイクルトナーの欠点です。

また、リサイクルトナーは回収した使用済みカートリッジの量や品質が製品ごとの品質に影響するので、同じ製品でも質の良し悪しの差が大きい傾向があります。極端に安価な製品は色ムラが強く、稀に印刷機器に目詰まりなどの不具合をもたらす可能性もあるので取り扱いには細心の注意を払うことが大切です。

トナーを使い分ける必要性と印刷機器のメンテナンス

トナーの品質はそのまま印刷の仕上がりに影響します。コストを抑えながら綺麗な印刷にするためには印刷物の用途に合わせてトナーを使い分けるのが効果的な対処法です。メーカー製の正規品トナーは製品ごとの品質の差は殆ど無く、不純物も混入していないので鮮やかで綺麗な印刷に仕上げることが出来ます。

そのため、人目に付きやすい広告媒体や長期保管を前提として書類の作成に最適です。一方、リサイクルトナーは安価で購入出来る利点がありますが、製品ごとの品質の差が大きく、不純物も混ざっていることがあります。印刷も薄い仕上がりになる傾向があるため、使い捨てのチラシやパンフレットの作成に向いています。

トナーを使う印刷機器は長期使用によって内部に汚れが溜まり、印刷に悪影響をもたらすことがあります。綺麗な仕上がりを保つためには清掃をはじめとする定期的なメンテナンスが不可欠です。特にリサイクルトナーは不純物が含まれている製品が多いので目詰まりなどの不具合が起きやすい点を注意することが大切です。

内部洗浄をこまめに行い、トナーの取り付け部分の掃除も交換するたびに行うのが印刷を綺麗に仕上げるための心得です。印刷機器によっては内蔵センサーの誤作動でリサイクルトナーに含まれている不純物に過剰な反応を示し、印刷が出来ないことがあります。

そのよう場合は高額でも正規品のトナーに取り換えるのが賢明な対処法です。

リサイクルトナーを安く購入する工夫

印刷機器に使うトナーは消耗品なので頻繁に補充する必要があります。使用頻度によっては常に在庫に余裕を持たせることが大切なので、安価で販売されているリサイクルトナーの使用が最適です。同じリサイクルトナーでもメーカーごとに品質や価格が異なるので、印刷の目的に合致した品質と価格設定のトナーを選ぶことを心がけます。

リサイクルトナーを安く購入するためには専門の販売会社からのまとめ買いが最も効果的です。リサイクルトナーは材料である使用済みカートリッジの品質が安定していないので、製造数も正規品のトナーと比べて低い傾向があります。

そのため、必要な時に購入が出来ないリスクがあることから、専門の販売会社から安定して購入を続けるのが在庫切れを防ぐための工夫です。また、まとめ買いによって製造コストを低く抑えることが出来るのも製品の安定供給に繋がり、長期的な購入が可能になります。

リサイクルトナーは大別してカートリッジに封入された製品と、既存のカートリッジにトナーを注入する製品があります。注入式の製品はカートリッジ製品よりも安価で購入出来ますが、トナーが空気に触れて劣化するリスクもあることから印刷の頻度を考慮して選ぶことが重要になります。

また、注入作業は慣れが必要なので、印刷機器の扱いが不得意な場合はカートリッジ式を選ぶのが無難です。

「リサイクルトナーの利便性と違法に該当する事柄の詳細」

印刷の仕上がりを良好に保つための心得

ポスターや書類の印刷は多くの人に見てもらうことを考え、綺麗な仕上がりにすることが大切です。印刷機器の性能やトナーの品質が印刷物の見やすさを決めるので、印刷を行う際は機器の扱いとトナーの選択が重要です。リサイクルトナーを使った印刷は使い捨てのチラシや簡素な書類、安価な製品の説明書など短期間の使用を前提とした印刷物の作成が向いていることを把握し、状況ごとに使い分けます。

薄い仕上がりになってしまうと見た目が悪くなるのでトナーの品質にも注意を払うことが大切です。また、印刷する用紙の材質も仕上がりの良し悪しに影響することから、使用するトナーと用紙の相性が良いことを確認するのも綺麗な印刷物を作成するための大切なポイントです。